スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こちらのブログは移転いたしました。
新ページは更に情報満載!
ぜひこちらへお越しくださいませ。
注文住宅 エコ住宅なら『ジョイナス住宅』
↑↑↑ブログも毎日更新中♪↑↑↑

ブログランキング参加中!
いつも応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村
あなたの【ポチッ】が励みになります!

鉄筋とコンクリートの相性について

こんにちは伊藤です。
イロイロ忙しい中息子と約束していた“トミカ博”へいきました。
予想通り人・・人・・・人・・・。十時開館で十時着でしたが、すでに近隣駐車場“満車”
徒歩20分かかる所に止めて、テクテクと。
何をするにも30~40分まち。
お疲れ様。自分。
なにより、息子がうれしそうにはしゃいでいたのが唯一の救い!
(自分も少し楽しかったりW)
SH380051.jpg

今回のお話は前回の続きのような、鉄筋コンクリートについて。
ナゼ鉄筋とコンクリートなのでしょう?
世の中にはもっと強度の強いものがありますが。
なぜかというと“相性”がイイんです。

まず一つ目 膨張率がほぼ一緒(1.2×10-6/K 前後)です。

お互いの膨張率が違うと鉄筋とコンクリートが接している部分から
安易に壊れるのが想像できます。

二つ目はコンクリートが鉄筋を保護してくれる。

鉄筋は錆びるともろくなります。空気中だと酸化していきますが、
コンクリートはアルカリ性です。
コンクリートの中にいることで酸化を防ぎ、長持ちをします。
解体工事で壊したりすると鉄筋は表面が綺麗なまま出てきます。
(コンクリートに塩分が無いことが前提。
             なので前回のような塩化物の含有量を検査します)
また鉄は火に弱いですが、コンクリートに包まれていることで、
鉄筋までの熱の到達を遅らせ、万が一の火災時にも安易に壊れないです。

三つ目にお互いの弱いところを補う。

鉄筋は圧縮やたわみには弱いです。長い棒をイメージしてください。
水平にするとたわみますよね。細い針金って押したりすると曲がります。
でも引っ張ったらどうですか?切れることないですよね。
一方コンクリートは圧縮には強いですが引張りには弱いです。
コンクリートの塊に乗ってもつぶれなせん。
圧縮に弱い鉄筋をコンクリートが補い、
引張に弱いコンクリートを鉄筋が補います。

まさに先日結婚した二人みたいにお互いの短所を補い助け合夫婦です。

なので鉄筋コンクリート造という工法がずーっと採用されているんですね。

今回も長いのでこの辺で。

     夫婦の鉄筋コンクリートにクラックが入らないよう注意します!の
                   工務部一課長 伊藤でした。しゅっノノ



こちらのブログは移転いたしました。
新ページは更に情報満載!
ぜひこちらへお越しくださいませ。
注文住宅 エコ住宅なら『ジョイナス住宅』
↑↑↑ブログも毎日更新中♪↑↑↑

ブログランキング参加中!
いつも応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村
あなたの【ポチッ】が励みになります!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

joinus

joinus
株式会社岡山工務店
ジョイナス住宅

更に情報満載なホームページと統合しました。
エコ住宅『ジョイナス住宅』
ブログも毎日更新中♪

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Member
(株)岡山工務店

ジョイナス住宅部
部長
金子
金子 丈寛


ジョイナス住宅部
次長
二村
二村 圭司


ジョイナス住宅部
営業主任
熊谷
熊谷 光昭


ジョイナス住宅部
営業主任
鷲見昌平
鷲見 昌平


営業部
建築課長
拓矢
岡山 拓矢


ジョイナス住宅部
設計チーフ
青山
青山 智美


工務部
建築一課長
伊藤
伊藤 拓也


工務部
土木課長
tetsuya.jpg
長尾 哲也


工務部
工事長
青木
青木 茂


工務部
主任
林
林 和幸


工務部
主任
一政
長尾 一政


企画部
部長
彰宏
岡山 彰宏


コンテンツ
アクセス
最近の記事
最新コメント
リンク
RSSフィード
QRコード
QR
blogram
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。